ジョーカーノマド購入レビュー。チョッピング好きをうならせる爽快な切れ味



こんにちは!のとむらです。私はナイフでチョッピングするのが大好きで、複数のナイフを使い比べて威力の違いを検証したりするのですが…

「このサイズ感でこの威力が出るのか!」と思うほどのナイフに出会いました。

その名はジョーカー「ノマド」。

偶然かもしれませんが、チョッピング好きにとって最高なナイフなのです。

 

JOKER(ジョーカー)ノマド ブッシュクラフト

スペインに拠点を置くジョーカー。

こちらのノマドは、バークリバーのブラボー1.25にどことなく似ていますね。

私が買ったのはグリーンキャンバスモデル。

いかにも切れそうな輝きを放つブレード。

刃長は約127mmと、少し余裕があります。

刃幅が広く、重心はややブレード寄り。

エッジ形状は、切れ味と耐久性に優れたコンベックスグラインドです。

反対側はこんな感じ。

刃厚は約5mmと、十分な厚み。

ハンドルは耐久性の高いグリーンキャンバスマイカルタ。

バークリバーのキャンバスマイカルタと違って水や汚れが染み込むタイプですが、最初から汚れると分かっているので、思いっきり使えます。

ハンドルエンドから突き出た鋼材はハンマーとして使用可能。

手に持つとこんな感じ。滑りにくく、握り心地はバツグンです。

ヒルトが大きいので安心感もあります。

付属のレザーシースは厚手でしっかりとした作り。

裏側にはベルトループが付いており、ボタン留めタイプなので、付け外しが容易です。

おまけで付いてくるパラコード。

薪拾いの際、これでギュッと束にして吊るすと、運ぶのが楽になります。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

たまに引っかかりますが、キレイに切れました。

続いてわりばしフェザースティック。こちらもサクサク削れます。

バークリバーのブラボー1と比べると僅かに切れ味が劣りますが、(体感的には100点と90点ぐらいの差)アウトドアナイフとしてはかなり切れるほうです。

ではいよいよフィールドテスト。直径5cmほどの枝をチョッピングしていきます。

見事に切断できました。

刃の食い込みがよく、一発打つごとに薪がミシッと内部破壊を起こしているのが実感できます。

おそらく重心がブレード寄りで、ゆるやかなコンベックスになっているからでしょう。

一発でたくさん抉り取れるので、少ない回数で切断できます。

続いて直径7cmほどの薪をバトニング。

堅くてなかなか割れなかったのですが、叩き棒を重いものに変えたらすんなり割れました。

刃幅が広いのも多少は貢献してくれたと思います。

ろくに土台を組まないでやったので地面に打ち付けてしまい、そこの部分だけ刃こぼれしましたが、他は無傷でした。

靭性も高いようですね。

割った薪でフェザースティック。

さすがにスカンジグラインドのナイフには劣りますが、コンベックスの底力でザクザク削れます。

ブレード鋼材

ノマドのブレード鋼材は「N695」

オーストリア製のステンレス鋼で、440Cとほぼ同じ性質を持っています。

切れ味が良く、刃持ちが良く、研ぎやすく、サビに強いのが特長。

弱点の少ない、バランスがとれた鋼材です。

メリット

・チョッピング性能が素晴らしい
・バトニングとフェザースティックもそつなくこなせる
・ヒルトがあるので安全性が高い
・ハンドルが滑りにくい
・エンド部分をハンマーとして使える
・ファイヤースチールに対応

デメリット

・仕上げが少し雑なところがある
・ハンドルが水分や汚れを吸収する材質なので、清潔に保つのは難しい

このナイフを買った理由

傷や汚れを気にすることなく、ガシガシ使えるブッシュクラフトナイフが欲しかったというのが理由として大きいですね。

コスパが良く、仕上げが少し雑なので、最初から実用ナイフとして割り切れます。

また、私はバークリバーのブラボー1を買った後に1.25も欲しくなってしまったクチなのですが、

さすがに刃長が違うだけの同じモデルを買うのはなんだかなぁと気が引けていたんですよね。

そんなとき、このノマドに出会ったというわけです。

失礼な話、ブラボー1.25の劣化版みたいなイメージでいたのですが、まさかチョッピング性能がここまで凄いとは思わず、びっくりしました。

 


予約】ジョーカー CN125-P ノマド ウォールナット ファイヤースチール付 ブッシュクラフトナイフ,Joker NOMAD BUSHCRAFT KNIFE WALNUT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA