トライアングルシャープナーはホローグラインドが特に研ぎやすい



こんにちは!のとむらです。ナイフのエッジ形状(ナイフの刃の実際に切れる部分の形状)にはホローグラインドと呼ばれるものがあります。

研いで刃が減っても切れ味が落ちにくい反面、左右均等に研ぐのが難しいと言われていますが、実際にはどうなのか?

わたしの経験上では、スパイダルコ社の「トライアングルシャープメーカー」という研ぎ器を使うと上手く砥げました。

 

ホローグラインドとは?

ホローグラインドは、この図のように、くびれて先端が薄く尖った形状をしています。

わたしの目が悪いせいか、肉眼だとあんまり分かりません(笑)

ホローグラインドのナイフ

代表的なのはバックの「フォールディングハンター#110」ですね。

購入した状態から切れ味が良く、ロック部分の耐久性が高いのが特徴。

ただ、重くて取り出しスピードが遅いので、ナイフ好きの人があえて持つようなナイフです。

トライアングルシャープメーカーだとホローグラインドが研ぎやすい理由

こちらがスパイダルコの「トライアングルシャープメーカー」。

スティック状の砥石に、ナイフをまっすぐ振り下ろしながらこすりつけるだけなので、ほぼ左右均等に研ぐことができます。

しかし、普通の水砥石と違って動きが限定的になるので、コンベックスグラインドのナイフだと砥げません。

ではなぜホローグラインドだと上手く研げるのか?

おそらく、刃の当てたいところに砥石が当たってくれるからだと思います。

トライアングルシャープメーカーが素晴らしいというより、ホローグラインドとの相性が良いのでしょう。

念のため言っておきますと、全てのナイフで試したわけではないので、なかにはホローグラインドなのに研ぎにくいナイフがあるかもしれません。

確実に言えるのは、バックフォールディングハンター#110ならば、トライアングルシャープメーカーで上手く砥げるということです。

小さい刃こぼれもキレイに直せる。

もちろん普通の水砥石でも砥げる

トライアングルシャープメーカーは便利ですが、値段がけっこう高いです。

腕に自信がある、もしくは練習して技術を身につけたいのであれば、普通の水砥石で研ぐのも全然ありでしょう。

トライアングルシャープメーカーは水を使わず誰でも簡単に砥げるのがメリットなので、時間と手間をかけず研ぎたい、または絶対に失敗したくない人に向いているかなと思います。

水砥石で人気が高いのは、シャプトンの「刃の黒幕オレンジ中砥#1000」。

なかなか良い刃が付くそうです。家庭用の包丁なら#1000だけでじゅうぶんなのだとか。

ホローグラインドを研ぐ場合でも、まずは#1000で研いでみて、満足できなかったら他の番手を買い足すのがコスパ良いと思われます。

 


Spyderco 三角形シャープメーカーナイフ研ぎ器 204MF

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA