肥後守VG10購入レビュー。邪道かと心配したけど取り越し苦労でした



こんにちは!のとむらです。日本が誇る伝統ナイフ「肥後守」。

金ピカの真鍮ボディに青紙割込ブレードのものが主流ですが、サビに強いVG-10モデルもあります。

由緒正しき肥後守にVG-10は邪道かなと心配していたのですが・・・

実際手にとってみると、肥後守らしさは変わらず、より使いやすくなったという感じでした!

 

永尾駒製作所 肥後守 VG-10モデル

肥後守のブレードとハンドルがステンレスになったモデル。

VG-10とは高級なステンレス鋼で、切れ味、刃持ち、研ぎやすさ、サビにくさに優れたバランスの良い鋼材です。

全科目の成績がオール4みたいな感じと言えば、イメージしやすいでしょう。

サイズは「大」にあたります。

和を感じる箱。

こちらが実物。

青紙割込モデルと同じく、肥後守の文字が刻まれています。

手のひらに収まるほどコンパクト。

刃長は約75mm。刀のような形状でカッコイイですね。

刃厚は約3.2mmと、小さいながらもなかなかの厚み。

木をゴリゴリ削ってもガタつかないほど剛性が強いです。

折りたたみ式ですがロック機構はなく、チキリと呼ばれる金具を親指で押さえることでブレードを固定します。

意識して押さえるというよりは、自然とこの持ち方になるので、意外と安全性は高いですね。

また、ロックがない代わりに構造がシンプルなので、清掃もしやすいです。

頑張れば片手で開閉できなくもないですが・・・ケガの元なので両手を使ったほうが無難です。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

多少引っかかりますが、キレイに切れました。

続いてわりばしフェザースティック。こちらもサクサク削れます。

青紙割込モデルと比較すると、初期の切れ味はVG-10モデルのほうが良いですね。

でも研いでしまえば、ほとんど差はなくなります。

革砥で数回ストロッピングするだけでキレッキレになるので、めっちゃ簡単です。

メリット

・サビにくいので調理にも使える
・剛性が強い
・構造がシンプルなので清掃しやすい

デメリット

・ロック機構がない

このナイフを買った理由

以前、肥後守の青紙割込モデルでフィールドテストしたとき、切れ味と耐久性が思った以上にすごかったので、

「これでサビに強かったら無敵だよなー」と思って買いました。

青紙割込モデルと同等の切れ味があり、水濡れに気を使わなくていいところが気に入っています。

 


肥後守 V金10号(VG10)ステンレス~Higonokami Knife VG10

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA