一人暮らしで食費節約するときに絶対やってはいけない2つのこと



こんにちは!のとむらです。節約をする際、まっさきに削る対象となりやすい食費。

わたしは一人暮らし歴15年以上なんですが、これまで食費を節約しようとアレコレやってきました。

その経験で気付いた、食費を節約するときに絶対やってはいけない2つのことをお伝えしたいと思います。

 

毎日自炊をする

先に言っておくと、たまに気分転換で自炊をするとか、料理が好きなら別にいいんです。

あとは働いてなくて時間がたっぷりあるとか。

でもフルタイムで働いている一人暮らしのサラリーマンが、節約のために毎日自炊するのはナンセンスです。

その理由としては、次のことが挙げられます。

・時間が削られてしまう
・たいして栄養摂れない
・義務感がストレス

時間に関しては、自炊にかかる時間をお金に換算してもらえれば、たいして変わらないか、ヘタをすれば損していることがわかると思います。

節約料理で摂れる栄養なんてたかが知れていますし、食べたいものはその日の気分によって変わるので、早めに使い切らなきゃいけない食材が常にある状態なのはけっこうなストレスです。

帳簿をつける

食費にいくら使ったか計算して、帳簿をつけるのもやめましょう。時間のムダです。

だいたいの金額なら頭で把握できますし、正確な金額がわかったところで、生活は何も変わりません。

それに一回でも計算漏れがあると、ぜんぶ水の泡ですからね。

帳簿をつける時間があったら残業や副業をして稼いだほうが良いです。

おすすめの食品節約術

「そこまで強気に言うからには、さぞ良い節約術があるんだろうな?」と思った方。

ご安心ください、あります。

そのまま食べられる栄養価の高いものを単品で買うことです。

玄米のパックライス、全粒粉のパン、カロリーメイト、ナッツ、ツナ缶、卵、納豆、フィッシュソーセージ、めかぶ、トマト、アボカド、野菜ジュースなど。

最初はこんなもん人間の食事じゃねーよと思うかもしれませんが、慣れます。

栄養が効率よく摂れるし、洗い物がほとんど出ないので楽です。

私は15年以上この食生活を続けていますが、健康診断は毎回A判定なので、有効性はかなり高いと思われます。

健康は自分で守るしかないので、私の真似をししろとは言いませんが、よかったら参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA