北欧のサバイバルナイフ「ファルクニーベンF1z」が超カッコイイ



こんにちは!のとむらです。ブラボー1に続き、またしてもコンベックスグラインドのナイフを買ってしまいました。

その名も「ファルクニーベンF1」

スウェーデン製のサバイバルナイフなのですが、めちゃくちゃカッコイイのですよね。

というわけで今回は、このF1を紹介をしたいと思います。

 

FALLKNIVEN(ファルクニーベン)F1z

ファルクニーベンの看板モデルであるF1z。細身のシルエットが印象的ですね。

スウェーデンの空軍パイロットが危機的状況に陥ったときのサバイバルナイフとして開発されたのだとか。

全然関係ないけど空軍って響きカッコイイですね。飛行機乗せてほしいです。

コンベックスといえば、ぶっといナイフというイメージがありますが、これは刃長が97mm、全長が210mmとコンパクト。

ブレード鋼材は耐摩耗性と耐食性に優れた「VG10」。その両側を「420J2」という鋼材で挟み込んだ3層構造のラミネートブレードになっています。

さらにそのブレード部分は日本の岐阜県関市で作っているとのこと。これは切れ味に期待できますね。

フルタング構造なのでバトニングやチョッピングも可能。

刃厚は約4.5mm。パッと見だと薄そうに思えるからすごい。

ハンドルエンドからちょいと突き出た鋼材部分はハンマー代わりに。

手に持った状態。実際に持ってみると、小回りが利きそうな気配がしてくる。

斜め上から見た状態。

角度によっては、ラミネートブレードならではの美しい輝きを垣間見ることができる。

切れ味

ではさっそく切れ味を見ていきましょう。まずはコピー用紙から。スーッとキレイに切れました。

続いてわりばしフェザースティック。こちらもサクサクと削れます。ただ、コンベックスなので薄くするのが難しい(笑)

切れ味はステンレス鋼としては良いです。同じスウェーデン製のフルタング「モーラナイフ ガーバーグ」よりも鋭く切れます。

コンベックスを研ぐ技術がある人なら、存分に力を発揮できるのではないかと!

ザイテルシースがかっこよくて便利

ファルクニーベンのシースはザイテルとレザーの2種類あるのですが、私が買ったのはザイテルシースのモデル。

軽量でナイフが取り出しやすく、底に穴が空いているので水が入ってしまっても抜けていきます。

ベルトループも付いており、腰に取り付けることが可能。

使い勝手においては最強レベルのシースです。

ナイフを抜くと写真のようになるので、布部分を切ってしまう心配はない。

コンパクトで携帯性バツグン

ファルクニーベンF1zはフルタングかつコンベックスグラインドでありながら、とてもコンパクト。

同じ構造を持つバークリバーブラボー1と比較すると、一回り小さいです。

【ファルクニーベン F1z】
全長210mm
刃長97mm
刃厚4.5mm
重量150g

【バークリバー ブラボー1】
全長230mm
刃長107mm
刃厚5.5mm
重量209g

デメリット

・ハンドルを強く握ると手が痛くなる
・ザイテルシースだと刃こぼれしやすい

ファルクニーベンF1のデメリットはこの2点ですね。

ハンドルは細くて小回りが利きやすいのですが、滑り止めのために表面がブツブツしているので、強く握ると手が痛いです。手袋すれば緩和されますが。

また、ザイテルシースのほうは「パカッ」と「スーッ」と滑るようにナイフが抜き差しできるのですが、うっかりシースに刃をぶつけると、わずかに刃こぼれしてしまいます。

フェザースティック作りやバトニングには影響のないレベルですが、紙を切ったときにそこだけ引っかかってしまうので、カミソリのような切れ味をキープしておきたい人はレザーシースモデルを選んだほうが良いかもしれません。

デザインがカッコイイ代わりに、実用性が少し犠牲になっている感じです。

まとめ

ファルクニーベンF1は、サバイバルナイフと銘打っていますが、水濡れに強く、薪割りに適した刃をしているので、キャンプや釣りにおすすめです。

あと、こう言っちゃなんですが、観賞用としてもおすすめ。

シュッとしててカッコイイし、ラミネートブレードが独特の輝きを放っているので、ついつい眺めたくなるのですよね。

「使い倒したいけど、ボロボロにはしたくない笑」そんな矛盾を抱えてしまうナイフです。

 


ファルクニーベン(Fallkniven) F1 サテン ラミネートVG-10 サーモランハンドル ザイテルシース F1z

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA