コスパの良いハンティングナイフ。ボーカーのエルクハンターとは?



こんにちは!のとむらです。狩猟をする際に便利なハンティングナイフ。

ガットフックが付いたものや、刀ほど長いものまで様々なタイプがあり、中にはアウトドアナイフとしても使えるものがあります。

というわけで今回は、コスパが良くて万能なハンティングナイフを紹介したいと思います。

 

BOKER(ボーカー)マグナム エルクハンター

コストパフォーマンスに優れたナイフや、奇抜な形のナイフを多く作っているボーカー。

こちらのマグナムエルクハンターは、和と洋の中間のようなデザインが印象的ですね。

刃長は約96mm、刃厚は約4mm。ふつうのシースナイフより少し短く、やや厚みがあります。重量は約160gと、少し重め。

革のシース付きです。

安いのにフルタング

ボーカーのマグナムエルクハンターはなんとフルタング!

刃厚も4mmあるので、バトニングやチョッピングもこなせそうですね。

仮に壊れたとしても安いので、精神的ショックは少なく済みます。

ヒルト付きウッドハンドル

ハンドル材はパールウッド。

安いので品質は期待できませんが、木なので握り心地は良さそうですね。

手のケガを防止するヒルトも片側についているので、安心感があります。

デメリット

タングの金属部分がわずかにハンドルからはみ出ていたり、シースのボタンが固くて留めずかったりと、作りが少し雑なようです。

とはいえ、ウッドハンドルにフルタングですからね。価格と品質は見合っている気がします。

まとめ

コスパが良くてデザインも悪くないボーカーのマグナムエルクハンター。

キャンプの雰囲気に合うナイフを探しているけど、ヘレナイフみたいに高いのは買えないよという人におすすめです。

 


BOKER マグナム エルクハンター シースナイフ BOM

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA