モーラナイフエルドリスの切れ味は?バトニング性能を検証してみた



こんにちは!のとむらです。コンパクトサイズのナイフのなかで、おそらく世界一頼りになるであろうモーラナイフのエルドリス。

簡単なバトニングもできるということですが、どれぐらいの薪なら割れるのかイメージしにくいですよね。

というわけで実際に検証してみました!フェザースティックの切れ味も検証したので良かったら参考にしてみてください。

 

エルドリスのバトニング性能

エルドリスで割れそうな薪を用意。

いきなりど真ん中からいくと割るのが大変なので、端っこから攻めていきます。

見事にパッカーン。

バトニングの大前提として、刃の先端がはみ出る厚さの薪でなければいけません。

エルドリスの場合は刃長が約59mmなので、厚さ4センチぐらいまでの薪が限界かなと思います。

実際にやってみた感じ、バトニングの威力はガーバーグの1/3程度かなという印象でした。やはり刃が短くて薄いぶん、割る力は弱いです。

また、堅い部分にあたると、このように進まなくなってしまうこともあります。左右にひねってこじ開けようとすると刃こぼれする可能性大なので、垂直にクルッと1回転させて抜きましょう。

端っこから切り崩していけば、真ん中の堅い部分もやがては割れます。ちょっとした頭脳戦ですね。

薪割り完了。これだけあればちょっとした焚き火ができますね。

わりと手荒に使ったのですが、刃こぼれはありませんでした。スウェーデン鋼のポテンシャル恐るべし。

エルドリスの切れ味

せっかくなので、今しがたバトニングした薪でフェザースティックを作ってみましょう。

サクサク。もともと割りやすい木材なので余裕でした。

しかしフィールドでは、こういった都合の良い木材が落ちているとはかぎりません。節のある堅い枝ではどうでしょうか?

多少パワーを必要としましたが削ることができました。焚き付けにはじゅうぶんですね。堅い節も弾くように削ぎ落とせます。

ではこのようなバカでかい木はどうでしょうか?さすがにフェザースティックは無理そうなので、真ん中を削って分断できるかトライしてみます。

まったく歯が立ちませんでした(笑)何時間もかければなんとか折れそうですが、時間と体力のムダです。

ちなみにガーバーグであれば、こんな太い木でもチョッピングでぶった切れます。

なぜエルドリスでバトニングができるのか?

エルドリスはフルタングナイフではないため、本来であればバトニングに不向きなのですが、実際にやっている人はちらほらいます。

私も不思議に思っていたのですが、その秘密はタング構造にありました。

どうやらエルドリスは普通のナロータングよりも強固な構造になっているみたいです。

とはいえ、どんなナイフでも絶対に折れないという保証はないので自己責任になりますが。

まとめ

エルドリスのバトニング性能は、焚き木を作るにはじゅうぶんなことが分かりました。

持ち運びしやすく切れ味も良いので、渓流釣りのお供なんかに良いのではないでしょうか。

釣った魚の内臓を取り除き、串を作り、薪を割って火を起こす。一連の作業がこれ1本でこなせそうです。


モーラ・ナイフ Morakniv Eldris Standard (Red)

アマゾンの画面内で色が選べます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA