携帯性バツグン!スパイダルコの小型ナイフ「ドラゴンフライ2」とは



こんにちは!のとむらです。さて、またまたナイフの話。

日常生活でナイフを使う場面といったら、袋の封を開けたり、ほつれた糸を切ったりと、ちょっとしたものを切るというのがほとんどです。

そんなとき便利なのが小型のフォールディングナイフ。小さいナイフは置き場所を取らないので、ミニマリスト思考の方にもおすすめです。

そこで今回は、取り回しの良さに定評のあるスパイダルコ「ドラゴンフライ2」を紹介したいと思います。

 

Spyderco(スパイダルコ)ドラゴンフライ2

まん丸のサムホールが特徴的なスパイダルコ。

こちらのドラゴンフライ2は、スパイダルコナイフの中でもとりわけ小型なモデルです。

背面にはポケットクリップが付いており、衣服に取り付けることが可能。

片手でブレード開閉できる

ドラゴンフライ2にはブレードの根元付近にサムホールという穴があり、ここに親指を引っかけることで、片手でブレードを開閉することができます。

取り出しスピードも速いですし、どっちかの手がふさがっているときに便利ですね。

ちょうどいい刃長

ドラゴンフライ2の刃長は58mm。短いので調理には不向きですが、ちょっとしたものを切るにはちょうどいい刃長です。

細い枝なら削れるし、小魚なら捌けるので、アウトドア用途に使えないこともないですね。

ブレード形状とブレード鋼材とハンドル材

スパイダルコのナイフは一つのモデルに対して、数種類のブレード形状、ブレード鋼材、ハンドル材が存在します。ちょっとややこしいですね。

ドラゴンフライ2に関してはこんな感じのラインナップになっています。

【ブレード形状】
・直刃(切り口がキレイ)
・波刃(切れ味バツグン)

【ブレード鋼材】
・VG-10(刃持ちが良い)
・H-1(とにかくサビに強い)
・ZDP-189(めっちゃ硬くて切れ味と刃持ちが良い)

【ハンドル材】
・FRN(軽くて耐久性がある)
・ザイテル(軽くて耐久性がある)

どれを選ぶかは好みによると思いますが、個人的には波刃のVG-10がおすすめです。ハンドル材はどっちでも良い(笑)

というのも、波刃ってめちゃめちゃ切れ味が良いのですよ。たとえ安価鋼材の420HCでも、波刃ってだけで炭素鋼並みの鋭い切れ味を発揮します。

枝を削ってフェザースティックを作るのに最適です。

旧ドラゴンフライとの違い

旧ドラゴンフライとドラゴンフライ2の主な違いはクリップ

旧は板状のクリップになっているのに対し、2はワイヤークリップになっています。

2のクリップのほうが軽量かつ耐久性があり、左右どちらにでも付け替えることが可能です。

2のほうを選んでおけば間違いないですね。

まとめ

軽量で持ち運びがしやすく、片手でブレード開閉が可能なドラゴンフライ2。

衣服に挟んでおけば、使いたいときにサッと取り出すことができますね。

とにかく荷物を軽くしたい、瞬間的にナイフが必要になる人におすすめの一本です。


Spyderco(スパイダルコ) ドラゴンフライ2 VG-10 ブラック 波刃 C28SBK2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA