ナイフの切れ味チェックで産毛を剃る風習をやめにしないか?



こんにちは!のとむらです。箱出し状態のナイフや研いだナイフの切れ味をチェックするために、腕の産毛を剃るという風習がありますよね。

ナイフで産毛が剃れる状態というのは、かなり切れ味が良いことを示しているので検証方法としてうってつけなのですが・・・

あれやるのもうやめませんか?

単純に汚い

ナイフで産毛を剃るのって正直汚いかな〜って思うのですよね。

もちろんその人のナイフなので、どう使おうが自由なのですが、産毛剃ったことあるナイフでリンゴの皮とか剥かれたら嫌です。そんなリンゴは食べられません。

これを言うと、私がものすごく潔癖症みたいに聞こえるかもですが、髭を剃ったT字のカミソリでリンゴの皮を剥く様子をイメージしてもらえば、なんとなく私の気持ちがわかると思います。

ね!汚いからやめましょやめましょー(笑)

切れ味の検証方法は他にもある

わざわざ産毛を剃らなくても、ナイフの切れ味を検証する方法はたくさんあります。

私がやっている方法を例に挙げますね。

コピー用紙

最もオーソドックスな検証方法。切れ味の鋭さを確かめるのにうってつけ。刃にガタつきがあると即影響が出るので、研ぎが上手くいったか確認するのにもおすすめです。

切れ味がキンキンに良い状態だと、どんな角度からナイフを入れても力なくスパッと切れます。

切れ味が普通だと、垂直方向には切れますが、斜めに動かすと破けたりします。

切れ味が最悪だと、どんな角度からでも紙が破けます(笑)

コピー用紙は100枚入りのが100均で売っているので、検証方法としてコスパも良いです。

わりばし

わりばしの先端を削ってフェザースティックが作れるか検証するのもおすすめです。

ある程度研げていれば、コピー用紙がキレイに切れなくても、こっちのほうは上手くいく場合が多いです。

切れ味が良い状態であるほど、力なくスルスルと薄く削れます。めっちゃ上手い人がやるとフワフワになります(笑)

また、わりばしフェザースティックは焚き火で使えるので便利です。

トマト

切れ味が良いナイフでトマトを切ると、汁が飛び散ることなくキレイに切れます。

トマトはキャンプ料理でよく使われる食材ですし、切り口が汚いとまずそうに見えてしまうので、キャンプに行く前に検証しておくと良いでしょう。

木の枝

私はときどき、そのへんに落ちている木の枝を削って切れ味を確かめることがあるのですが、木の枝ってめっちゃ硬いです。

生半可な耐久性のナイフでは、かすり傷をつけるので精一杯。キレッキレの炭素鋼ですら、スムーズに刃が入りません。

キャンプやブッシュクラフトでは、フィールドにある木を加工できるかが大事なポイントなので、使えるナイフを選別するのにうってつけな検証方法と言えます。

薪割り(バトニング)

フルタングナイフを買ったときは、ぜひ薪割りを試してみることをおすすめします。

思っていた以上にやりやすかったり、やりづらかったりと、色々な発見があって面白いです。

薪は買ったものでも良いですが、野山に落ちている太い枝を割るほうがより実践的です。

私はバトニング中にナイフ軌道をコントロールするのが苦手なので、薪割り目的でナイフを買うなら刃長が長いヤツのほうが良いのかなと思いました。

まとめ

というわけで、ナイフで産毛を剃らずに他のものを切りませんか?というお話でした。

特に木の枝削りはマジで心が折れるので、通過儀礼としてやっておくと良いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA