ダンボールカッターよりもアウトドアナイフのほうがおすすめな理由

こんにちは!のとむらです。最近ネットで買い物をする人が増えて、ダンボールカッターの需要が高まっているそうですね。

ダンボールカッターというのは、言うなればダンボールを開封するための刃物で、ケガをしないよう刃が丸くなっていたりと、安全性の高い工夫がされています。

それなら小さなお子さんや女性の方でも安心して使えますね!と言いたいところですが、ちょっと待ったをかけたい。

せっかくダンボールを切るために道具を買うなら、いっそのことアウトドアナイフを買っちゃいませんか?

 

アウトドアナイフなら大きいダンボールにも対応できる

私は一応ダンボールカッター機能が付いているマルチツールを持っているのですが、たしかにこれは便利です。

力がいらず、キレイに開封することができますからね。専用のダンボールカッターだったら尚更やりやすいでしょう。

決してその価値を否定するつもりはありません。

でもね、洗濯機とか冷蔵庫とか、大きな商品を購入したときのダンボールってめっちゃでかいし分厚いのですよ。上のフタ部分を開けても、まずそのまま取り出せないので、横倒しにしなくてはなりません。

そんなときはダンボールの四隅を切って、サイコロの展開図みたいに開けば横倒しせずに本体を取り出せるのですが、そこで活躍するのがアウトドアナイフ。

「バックフォールディングハンター#110」とか、モーラナイフの「コンパニオンヘビーデューティーMG」ぐらいの刃厚があるナイフであれば、ちょっと前後に動かして下に押していくだけでスーッと切れてくれます。

ダンボールを切るにしては大げさな道具に思えますが、切れ味が良くて頑丈なナイフは力を入れずに切ることができるので、ダンボール内の商品をうっかり傷つけてしまうといった事故も防ぎやすいです。


こちらはビクトリノックスの「クラシックAL」。これぐらい小さいナイフでもザクザク切れますが、ちょっとだけ力がいるので注意。

 

ダンボールをバラして燃やすゴミに出せる


ダンボールカッター代わりにアウトドアナイフを使うメリットはもう一つあります。

それは、ダンボールそのものをバラバラにできることです。ダンボールを捨てられる日って、燃えるゴミの日に比べて少ないと思うのですが、ナイフで細かくしてビニール袋に入れれば、数少ない回収日を待たずして燃えるゴミの日に出せます。

ネットでよく買い物をしてダンボールが溜まりがちな人には、ナイフが役立つのではないでしょうか。

もちろんハサミでもできるのですが、ジョキジョキ切っているうちに手がダンボールにつっかかって進まなくなってしまいますからね。ナイフのほうが圧倒的にやりやすいです。

 

まとめ

家にアウトドアナイフが一本あると、ダンボールを切るだけでなく、買ったばかりの洋服の値札や、ピチピチで取れにくいビニールの包装、開けるのをしくじったチーかまなど、色々なものを楽に切ることができます。

ただ、そのへんに置いておくと、客人が来たときに何かと思うので、保管場所には気を付けてください(笑)


BUCK (バック) フォールディングハンター 110 with レザー シース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA