クードマン「サバイバル298M」購入レビュー。バトニングが妙に楽しい



こんにちは!のとむらです。今、スペインのナイフが熱いです。

コスパと実用性が高く、他人とかぶりにくいことから、じわじわと人気が高まっている・・・ような気がします。

そこで私は、象さんマークで有名なクードマンの「サバイバル298M」を買いました。

色々と設計が惜しいのですが、バトニングしたときに妙な爽快感があるナイフなのです。

 

クードマン サバイバル 298M

スペインに拠点を置くクードマン。

こちらのサバイバルM298は少し派手というか、サイケデリックな印象ですね。

ハンドルをずっと見つめていると、頭がグルグルしそうです(笑)

カッチリとしたロゴマークが描かれた箱。

ブレード形状は深めのドロップポイント。

刃長は約112mmと、普通の長さですが、刃幅が約〇mmと大きめです。

刃厚は約5.2mmのフルタング。

刃幅と刃厚がけっこうなものなので、バトニング性能に期待できます。

ハンドルは耐久性と耐水性の高いキャンバスマイカルタ。

手ざわりはサラサラしており、布のような感触です。

ハンドルエンドは鋼材が突き出していますが・・・惜しいですね。

どうせならハンマーに使えるぐらい突き出てほしかった。

手に持つとこんな感じ。

ハンドルが指をかけやすい形状になっており、しっかり握り込むことができます。

ヒルト状にもなっているので、安全性も高いです。

うむ、ハンドルの形状はGOOD。

付属のレザーシース。

ベルトに水平取り付けするためのループが付いています。

他社になりますがTBSナイブスにも、こんな感じのシースありますよね。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

少し引っかかりますが、問題なく切れました。

続いて、わりばしフェザースティック。

こちらも摩擦感があり、薄く削るのは難しいです。

今度はフィールドテスト。直径4cmほどの枝をチョッピングしていきます。

問題なく切断できましたが、刃厚と刃幅が大きいわりに威力は出なかったですね。

なんとなくですが、エッジの角度が足を引っ張っている気がします。

続いてバトニング。

叩き始めは普通の感触でしたが、ある程度刃が入ると厚みの恩恵が発動!

メリメリと割れていき、妙な爽快感を覚えます(笑)

ブレードを正面から見ると、刃先から背までが逆三角形ぎみになっており、多分それが影響しているんでしょうね。

刃こぼれなし。靭性は高いようです。

割った薪でフェザースティック。

可もなく不可もなくといったところですね。焚き付けには十分でしょう。

ブレード鋼材

サバイバル298Mのブレード鋼材は「N695」

オーストリア製のステンレス鋼で、440Cとほぼ同じ性質を持っています。

切れ味が良く、刃持ちが良く、研ぎやすく、サビに強いのが特長。

弱点の少ない、バランスがとれた鋼材です。

メリット

・バトニング性能が高い
・ハンドルが握りやすく、衝撃吸収力が高い
・シースが機能的

デメリット

・チョッピングの威力が思ったほどではない

このナイフを買った理由

普通サイズのナイフでありながら、刃厚と刃幅が大きいところに惹かれたからですね。

最初は見た目がサイケデリックで敬遠していたのですが、

いろんなナイフを買っていくうちに目が肥えてきたのか、これはこれでカッコイイなと思えてきて買いました(笑)

ただバークリバーブラボー1やジョーカーノマドなど、298Mより実用性もカッコ良さも上回るナイフは多く、

他人とかぶるのを避けるための「変わり種ナイフ」という印象が否めません。

使い続けていくうちに、このナイフならではのタクティカルアドバンテージが見つかることを期待します。

 


CUDEMAN 158-L MOD. ENT BUSHCRAFT クードマン ナイフ

こちらは298Mではないのですが、クードマンはウッドハンドルのものが人気のようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA