チンピラに暴行されて反撃したら警察に通報されて人生が好転した話



こんにちは!のとむらです。街を歩くと、わざと肩をぶつけてきたり、他人を押しのけていく人っていますよね。

私は見た目が弱そうなので(実際に弱い)よく餌食にされます。

しかし徐々に慣れて戦い方を身につけていった私は、いつしか「やられたらやり返す」が当たり前の感覚になっていました。

今回は、そんなおごりたかぶっていた私の常識を根底から覆したチンピラとの騒動についてお話ししたいと思います。

 

電車内でチンピラに突き飛ばされる

平日の朝、いつものように電車で会社に向かっていたときのことです。

その日は運が良いことに乗車率が少なく、私はドアの近くに立って窓から景色をぼんやりと眺めていました。

しかし次の駅に到着したとき、悲劇が起きます。

突然ひとりの男が私と座席の壁のわずかな隙間にズイッと入り込み、私を突き飛ばしたのです。

「どけ、邪魔だ。」

乗り口は反対側のドアなので、私は誰の邪魔にもなっていません。

男は太っていてメガネをかけているものの、服の上からもわかるほど筋肉質で強面。龍が如くに出てきそうなチンピラです。

「あァ?」

立ち尽くす私を睨みつけ、薄ら笑いを浮かべながら威圧してきます。彼はおそらく普段から弱そうな人を狙って、幅をきかせているのでしょう。

しかし今回は相手が悪かった。

私は基本ビビリなのですが、あまりに理不尽なことをされると恐怖心よりも怒りが勝り、とんでもない行動に出てしまうことがあるのです。

気がつくと私はチンピラの胸倉を掴み、遠心力を利用して投げ飛ばしていました。

反対側のドアにぶつかるチンピラ。

「この野郎・・・!!」

体勢を立て直し、こちらに向かってきます。

正直殺されるなと思いました。なんで立ち向かってしまったんだろう・・・

「もうやめなよ!」

すると一人の男性が割って入り、チンピラを静止しました。

当時は気が高ぶっていて、「!?」って感じだったのですが、今思えば彼が仲裁に入ってくれなければ、私は死ぬか重傷を負っていたことでしょう。

彼には心の底から感謝しています。そして乗客のみなさん、ご迷惑おかけしてごめんなさい。

男性に止められて冷静さを取り戻したチンピラは、私に向かってこう言いました。

「お前次の駅で降りろ!これはあからさまな傷害だ。警察につきだしてやる!」

「え!?」

チンピラに警察を呼ばれる

まさかの展開。自分から仕掛けておいて警察を呼ぶとは・・・

次の駅に到着すると、チンピラは私が持っていた鞄を掴みました。

「この鞄を掴んじまえばお前は逃げられねえからな。」

チンピラの腕力はすさまじく、片手で軽々と私の体を引きずっていきます。

(力では勝てない・・・隙をついて奇襲をしかけよう!)

私は鞄を取り返すため、チンピラが引っ張る力を利用してジャンプし、頭に飛びつきました。

しかし最初に投げ飛ばしたときとは違い、相手は迎撃態勢が整っている状態。

私の奇襲にビクともせず、鞄を離しません。それどころか、飛びついたせいでチンピラのメガネがパキャッと割れてしまいました。

「あーっ!メガネ壊しやがったな!もう言い訳できねえぞお前!」

(さ、最悪すぎる・・・)

力が強いうえにずる賢くて、下手に攻撃したらメガネが割れるって無敵かよ!

その場で事情聴取

まず駅員を呼ばれ、その後駆けつけてきた警察に事情聴取されることになりました。

気付いたら私も手をケガしてる・・・興奮してて分からなかったのか。

チンピラは何もしてないのにいきなり首をつかまれて投げ飛ばされたと主張しましたが、私は最初に突き飛ばされたのが原因だと主張。

結果として「喧嘩両成敗」。

それでも納得がいかないなら、お互いに被害届を出し合うしかないとのことでした。

さらに私は必要のない攻撃をしてしまっていたので正当防衛は認められず。

話し合いの結果、暴行については不問にするので、壊したメガネを6割(3000円)弁償してほしいと言われました。

最初は「なぜ私が弁償?」と思いましたが、ここで支払いに応じなければ後で被害届を出されたときに賠償金がとんでもない額になるとのこと。

また、やりすぎてしまった私自身の反省もあり、その場で支払うことに。

最後はお互いにごめんなさいして決着がつきました。

そのあとなぜか私だけ呼ばれて写真撮られたんですけどね!

でも今思えば、絶対勝てないような相手にさんざん暴れて、軽傷と慰謝料3000円で済んだのは幸運でした。

人生が好転

今までの私は「男はいざというときに戦わなきゃいけない。逃げてはいけない」と考えていました。

一種の強迫観念ってやつですね。

ですが今回の騒動を機に、その呪いのように染みついた考えがキレイさっぱり消え去りました。

暴力を振るわれたら自分で戦わなくていいんです。

逃げてもいいんです。

だってやり返したら警察呼ばれるから・・・(震)

手痛い授業料と引き換えに、ひとつ肩の荷がおりた平日の朝でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA