チョッピングナイフ最強決定戦!手斧も参戦させたら場が凍りついた



こんにちは!のとむらです。私はブログでナイフの紹介をするとき、「このナイフはチョッピング性能が高い!」みたいな書き方をよくするのですが・・・

ぶっちゃけ比較対象が欲しいですよね?

というわけで、形状がそれぞれ違うナイフを12本+手斧を同時にチョッピングさせて、誰が最強なのかを決めたいと思います!

購入を検討しているナイフのチョッピング性能を知りたいときの参考にしてみてください。

 

検証ナイフと手斧

今回、参戦していただくナイフと手斧はこちら!

左から
トップス トムブラウンスカウト
モーラナイフ ガーバーグ
ガーバー ストロングアーム
トップス M1ミゼット
バークリバー ブラボー1
TBSナイブス ボア
ジョーカー ノマド
ケーバー ベッカーBK10
コールドスチール SRK
ケーバー USMC1217

左から
ケーバー ベッカーBK2
トップス SXB
フィスカース X7(手斧)

明らかにヤバそうなのも混ざっていますね。。

検証方法

このような大きな木に対して30回ずつチョッピングし、一番深く削れたものを優勝とします。

・平等な力加減で打ち込む
・同じ堅さの場所を狙う
・ハンドルは普通の持ち方をする

威力の差を分かりやすくするため、私の感覚ではありますが数値化するので、良かったら参考にしてみてください。

結果発表(下位から)

トップス トムブラウンスカウト(370)
モーラナイフ ガーバーグ(400)
ガーバー ストロングアーム(420)
TBSナイブス ボア(430)
トップス M1ミゼット(450)
コールドスチール SRK(550)
バークリバー ブラボー1(600)
ケーバー USMC1217(700)
ジョーカー ノマド(740)
ケーバー ベッカーBK10(750)
ケーバー ベッカーBK2(1000)
トップス SXB(2000)
フィスカース X7(4000)

はい、このような結果になりました。

なんと手斧であるフィスカースX7がぶっちぎりの優勝。

上位3者の写真を見てみると、ちょうど2倍ずつ威力差がある感じですね。

破壊力最強ナイフであるSXBといい勝負になるだろうと予想していたのですが、まさかキッチリ引き離されるとは・・・

ナイフ好きとしては伏せておきたい話ですが、事実なので仕方ありません。

ちなみに4000という数値は、漫画ワンピースに出てくるロブ・ルッチの道力(戦闘力みたいなもの)をオマージュしています。

チョッピング性能が高いナイフの特徴

今回の比較検証をしてみて、私の肌感覚ではあるのですが・・・

リーチが長くて先端が重いナイフほどチョッピングの威力が高いと感じました。

その次に影響するのがエッジ形状で、コンベックスが一番有利でしたね。

刃厚は1mm程度の差ならあまり影響がなく、切れ味に関しては、よっぽどの差がなければ影響ない感じでした。

実際、このなかで切れ味が1番鈍いの手斧ですからね。

どこからがチョッピング性能が高い?

チョッピング性能が高いなと実感できたのは、6位のUSMCあたりからでした。

【やや低い】
トップス トムブラウンスカウト(370)
モーラナイフ ガーバーグ(400)

【普通】
ガーバー ストロングアーム(420)
TBSナイブス ボア(430)
トップス M1ミゼット(450)

【やや高い】
コールドスチール SRK(550)
バークリバー ブラボー1(600)

【高い】
ケーバー USMC1217(700)
ジョーカー ノマド(740)
ケーバー ベッカーBK10(750)

【かなり高い】
ケーバー ベッカーBK2(1000)

【兵器】
トップス SXB(2000)

【天災】
フィスカース X7(4000)

チョッピング性能が高いと、あっという間に木を切断できるので楽しいです。

バークリバーブラボ1、ジョーカーノマド、ケーバーBK2あたりは、バトニングもフェザースティックもやりやすく、バランスが良いのでおすすめですね。

 


BarkRiver バークリバー ブラボー1 3V ブラック キャンバス マイカルタ ランプレス

 


ジョーカー CV125-P ノマド グリーンマイカルタ ファイヤースターター付 ブッシュクラフトナイフ,Joker NOMAD BUSHCRAFT KNIFE GREEN MICARTA

 

 


ケーバー ナイフ ベッカー BK2 KA-BAR コンパニオン

 


Fiskars フィスカース X7 Hatchet 7850 アックス 薪割り斧 14インチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA