実践厳禁!わざと肩をぶつけてくる人への対処法を考えてみた



こんにちは!のとむらです。以前、わざと肩をぶつけてくる男性の特徴について書きました。

今回はもうちょい掘り下げて、肩をぶつけられたときの対処法をお伝えしたいと思います。

試行錯誤した結果、次の3つのプロセスをふむことで、肩ブル(肩トラブルの略)を大幅に減らすことに成功しました。

ですが100%安全とは言い切れないので実用厳禁です。暇つぶしに聞き流してやってくださいな。

 

肩をぶつけられたときの対処法 3プロセス

結論から言うと、ぶつけられたときよりも、ぶつけられる前に対処するのが得策です。

では一つずつプロセスを見ていきましょう。

1.数メートル先から相手の表情を読み取る

わざと肩をぶつけてくる人というのは、自分より弱そうかどうかを確認してからぶつかってきます。

なので4〜5m先からでも、相手の表情の変化を見ていれば、ある程度の予測はつくんですよね。

こちらと目が合ったとたん、強気な顔に変わってズンズン歩いてきたら要注意です。

2.肩をぶつけられそうになったら避ける

見事予測が的中し、相手が肩をぶつけてきたら迷わず避けましょう。

プライドが許さないかもしれませんが、立ち向かうと喧嘩に発展しやすく、貴重な時間をムダにしてしまいます。

待ち合わせには遅刻するし、怪我しても保険がおりないので何も良いことがありません。

戦ってプライドを守れたとしても、次の日にはまた似たような奴が現れます。

キリがないので避けるのが賢明です。

「逃げるが勝ち」と言いますが、本当にその通り。

3.それでもダメなら肩キャッチ

避けても軌道を膨らませてぶつかってくる輩や、避けられない状況なのを知っててぶつかってくる輩もいます。

そんなときは最終奥義「肩キャッチ」ですね。

ぶつけられそうになったら、手のひらを前に出して相手の肩をキャッチするのです。

これのメリットは衝撃を吸収するのでお互いに痛くないこと。

デメリットは相手が逆ギレしないとは言い切れないことです。

私は5人ほど試しましたが、手のひらを前に出した途端にみんな避けていきましたね(笑)

反射的に「うわっ」ってなるのかもしれません。

まとめ

以前の私は「トラブルには恐れず立ち向かわねばならない!」という考えがありました。

でも実際は、未然に防げたほうが圧倒的に良いんですよね。

客観的に物事を見ることができるので、感情もコントロールしやすくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA