キャンプといったらナイフでしょ!種類の説明とおすすめナイフ

キャンプ道具として古くから親しまれているナイフ。

施設が整ったキャンプ場では出番が少ないですが、山の中でやるような本格派キャンプでは様々な場面で活躍します。

そこで今回は、キャンプ用ナイフの種類と、私が個人的におすすめするナイフをお伝えしたいと思います。

お気に入りのナイフを手に入れ、よりいっそうキャンプを楽しみましょう。

 

キャンプにおけるナイフの役割とは

ナイフは刃物のなかで最も汎用性の高い道具です。薪を割って焚き火をおこす、木を削ってペグを作る、食材を切るなど、幅広い用途に使えます。

ナイフによっては、斧、ノコギリ、鉈、包丁それぞれの役割を1本でカバーできるので荷物の軽量化にも役立つのですよね。(もちろん一つ一つの能力は専門道具に劣りますが)

 

ナイフの種類

ナイフっていっぱい種類があって分かりにくいですよね。そんなときは次の1~4の順番で追っていくとイメージがつきやすいと思います。

1.ファクトリーナイフかカスタムナイフか

2.炭素鋼かステンレス鋼か

3.シースナイフかフォールディングかマルチツールか

4.どんな用途に向いたナイフか

 

まず1について。ナイフは生産元が大きく2つに分かれます。工場で大量生産する「ファクトリーナイフ」か、職人さんが1本1本手作りする「カスタムナイフ」です。

後者のほうが値段は高い傾向にありますが、ファクトリーナイフにも性能がいいものはたくさんあります。

 

2はブレードの材質。切れ味が良くて研ぎやすいかわりに錆びやすい「炭素鋼」か、切れ味と研ぎやすさは劣るかわりに錆びにくい「ステンレス鋼」の2種類に分かれます。(本当はもっとあるのですが、だいたいこの2種類)

 

3はナイフの形状。これに関しては本当に色々あるのですが、おおまかに分けると大体この3パターンです。

シースナイフは鞘がついた短剣のような形状。フォールディングナイフは折り畳み式。マルチツールはドライバーやペンチなどが一つのハンドルに収まった形状をしています。

 

4は用途に応じた呼び名ですね。「サバイバルナイフ」という言葉はナイフに興味がない人でも一度は聞いたことがあると思いますが、あれはその名のとおり、極限状態で生き残ることを目的としたナイフです。

その他に「ハンティングナイフ」と呼ばれるものは狩猟でしとめた動物の解体がしやすい形状になっていますし、「ブッシュクラフトナイフ」だったら木を削りやすくなっています。

ただ、これに関しては定義が超あいまい。サバイバルナイフには背にギザギザがついてなきゃダメとかいう決まりがないのですよね。製作側が「このナイフは〇〇ナイフだ!」って言ったらそうなっちまうスンポーです。

 

初心者におすすめのナイフは?

では初心者はどんなナイフを買ったらいいのかと言いますと、「モーラナイフ コンパニオンヘビーデューティーMG」「バック フォールディングハンター#110」がおすすめです。

この2つのナイフの特徴をざっくりと説明すると

【モーラナイフ コンパニオンヘビーデューティーMG】


・炭素鋼
・切れ味とコスパが良い
・約2600円

【バック フォールディングハンター#110】


・ステンレス鋼
・切れ味がそこそこ良く、デザインが完璧
・約7500円

性能重視でいくならヘビーデューティー、見た目重視でいくならフォールディングハンターってところですね。

個人的にはフォールディングハンターのほうがナイフとしての本物感が強いので、使っていてテンションが上がります。

ただ、見た目とは別に「威圧感」という意味ではヘビーデューティーのほうが与えにくいです。

ナイフは興味がない人からしたら凶器に見えてしまうので、誰かと一緒に行くキャンプだったらヘビーデューティーのほうが良いでしょう。

 

ナイフを安全に使うための注意点

ナイフの扱う際の注意点は、どんなナイフかによって変わります。

重いナイフだったら足元に落とさないように気をつけなきゃですし、反対に軽いナイフだったら強風で飛ばされないように気をつけなければいけません。

また、ロックがついていないタイプのマルチツールなんかは、ふだんからロック付きに慣れていると、うっかり片手で閉じようとして指を挟んでしまう危険があります。

薪割りなどのアクションが大きい作業をするときは手袋があったほうが良いでしょう。

 

まとめ

ナイフはキャンプの幅を広げてくれる道具です。

フィールドに出かけたとき、「ナイフがあれば木を切り崩して焚火ができたのに・・・」と、持って来なかったことを後悔するような場面が出てきたら、あなたはもう立派なナイフの使い手になっていることでしょう。


モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty Orange

 


BUCK(バック) フォールディングハンター110 BK-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA