バッファローのPC用スピーカーは安いものでも音質が良い

こんにちは!のとむらです。

デスクトップPCで音楽や動画を流すのに、スピーカーは必要ですよね。

しかし、3〜4千円ぐらいの中途半端なものは音質が微妙だったりします。(悪くはないんだけど良さが分からない感じ)

私の経験から言わせていただくと、スピーカーを買うならある程度ちゃんとしたものを買うか、極端に安いものを買うのがおすすめです。

そこで今回は、極端に安いほうのPC用スピーカーを紹介したいと思います。

BUFFALO(バッファロー)マルチメディアスピーカー


バッファローからかつて販売されていたスピーカー。買ったときの値段は約1000円。

現在は生産終了になっているのですが、似たようなモデルに「BSSP28UBK」というものがあります。もっと安いやつだと「BSSP29UWH」なんてのもありますが、アマゾンのレビューをみるかぎり性能は悪くなさそうです。

なので、千円台のスピーカーはこんなクオリティなんだなーという感じで、参考にしてもらえればと思います。


安いだけあって非常にコンパクト。

音質は悪くない

音質的には普通のスマホのスピーカーぐらい。

ボリュームを大きくしすぎなければ音割れもしないので、さほど音質にこだわりのない人にはピッタリです。

低音が弱いのが逆に良い

さすがに千円台のスピーカーなので、低音の表現力はほぼ無いに等しいです。

しかし中途半端なクオリティの低音だと、かえって耳ざわりだったりするので、まったく機能しないくらいのほうがクリアに聴こえるのですよね。

まとめ

今回の話を要約すると・・・

スピーカーは中途半端に高いものを買うくらいなら、安物を買ったほうが良い!ということになります。

なにを買おうか迷ったら、とりあえず安いやつを買っちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA