片手で開閉できるフォールディングナイフ「バンテージセレクト」



こんにちは!のとむらです。ブレードを折りたためて携帯性に優れたフォールディングナイフ。

今回は、かの有名なナイフメーカー「バックナイフ」から出ているフォールディングナイフの紹介です。

バックナイフといえば、堅牢な作りでロックの硬い「フォールディングハンター#110」が代表作みたいなところがありますが、軽量でロックの柔らかいフォールディングもあるんですよー。

 

BACK(バック)バンテージセレクト 345BKS

刃長:約83mm
全長:約111mm(ブレード収納時)
刃厚:約3mm
重量:約105g
ブレード形状:ドロップポイント
エッジ形状:ホローグラインド
ロック機構:ライナーロック
ブレード鋼材:420HCステンレス鋼
ハンドル材:ブラックガラス強化ナイロン
シース:なし

アメリカに拠点を置くバックナイフ。

こちらのバンテージセレクトは長すぎず短すぎず、重すぎず軽すぎずといった、じつにオーソドックスなフォールディングナイフですね。

実物はこんな感じ。

ブレードの表面は少しザラついた質感です。

上から見た状態。ライナーロックになっています。

刃厚は約3mm。

フォールディングナイフとしては厚めです。

折りたたんだ状態。

 背面にはポケットクリップ付き。

ズボンに挟み込むことにより、使いたいときにサッと取り出せます。

ブレード開閉の方法

バンテージセレクトのブレードを開く方法は2通りあります。

一つがフリッパーを人差し指で弾いてオープンする方法。

もう一つがサムホールに親指をかけてオープンするという方法です。

【フリッパーで開く場合】

人差し指で直線を描くように弾きます。

シャキンッ

 

【サムホールで開く場合】

親指で回すように開きます。

ぐぐーっ

 

個人的にはコツさえつかめば、フリッパーで開くほうがやりやすいです。

ただ、サムホールで開くほうが手から滑り落ちにくく、ケガもしにくいので、状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

フリッパーで開くコツは、この出っ張っている部分よりさらに先端の部分に人差し指を置き、手前側にまっすぐ引き寄せるように指を弾くことです。

一発で開かない場合は、手首を外側にスナップさせると簡単です。

ちょっとチンピラみたいなナイフの出し方になってしまいますが、フォールディングナイフの良さはこの取り回しの良さにあると思うので、目をつむってあげてください(笑)

閉じるときは、ライナーロック部分を親指のツメで押しつつブレードを納めます。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

少し摩擦感がありますが、キレイに切れました。

続いて、わりばしフェザースティック。こちらもサクサク削れます。

フィールドに落ちている堅めの枝も問題なく削れました。

これなら焚き付けに十分使えますね。

初期の切れ味はフォールディングハンター#110と同等。

90/100点といった感じです。

メリット

・初期から切れ味が良くて研ぎやすい
・ハンドルにほどよい丸みがあり、強く握っても手が痛くならない

デメリット

・ポケットクリップが固い

一回り小さいモデルもある

バンテージセレクトには、一回り小さい「340BKS」というモデルがあります。

そちらは刃長67mmで、ブレード収納時のハンドル長さは95mm、重量は65g。

ただ個人的に、345BKSですら小さく感じるので、手が普通より大きい人には345BKSのほうがおすすめですね。

このナイフを買った理由

フリッパーオープンがどんなものか知りたいと思ったのと、

当時、趣味でナイフ集めを始めたばかりでまだ数本しか持っておらず、オーソドックスなフォールディングナイフを一本持っておきたいと思ったのが理由として大きいですね。

クセがなくて使いやすいので、奇をてらっていないナイフが好きな人におすすめかなと思います。

 


BUCK(バック) 狩猟ナイフ バンテージ セレクト 折り畳みナイフ Vantage Select 345BKS 0345BKS-B

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA