都会の道路でカブの慣らし運転すると事故りそうで怖すぎる



こんにちは!のとむらです。新車のバイクは慣らし運転をしたほうが良いと言われていますよね。

一般的には1000km走る必要があるみたいですが、ホンダのクロスカブ110の場合は説明書によると500kmの慣らし運転が必要です。

慣らし運転期間中は急発進・急加速・急ブレーキを避け、エンジンの回転数を上げすぎないよう気をつける必要があります。

で、私は今まさに慣らし運転の最中なのですが、早くも心が折れそうです。

 

都会は幹線道路だらけ

自慢ではないですが、私はまあまあ都会に住んでいるので、近場のほとんどの道路が幹線道路です。

3車線、4車線の道路も普通にあります。

幹線道路は基本的に交通量が多く、みんなスピード出し過ぎな傾向にあるので、流れについていくのが辛いです。

左車線は停車中の車だらけ

慣らし運転中はエンジンの回転数を抑えたほうが良いとされているので、複数車線があるときは、比較的ゆっくり走れる左の車線を走るようにしています。

ところがどっこい、左車線には必ずといっていいほど停車している車がいるのですよ。それも数十メートルおきに!

スピードが出ている状態で停車している車の脇を通るのは非常に危険ですし、そのたびにローギアを入れるのは慣らし運転的によくない気がするので、けっきょくは右の車線を走るハメになります。

無理な追い越しをされる

クロスカブ110はスタートダッシュが遅いうえ、慣らし運転中は急発進や急加速ができません。

よって、これでもかというほど追い越されます。

なかには左ウインカーを出すと同時に斜めに突っ込んでくる車もいるので、めちゃくちゃ怖いです。

こちらがブレーキを踏んだり避けたりしなければ事故っていた場面も数えきれないほどありました。

事故るリスク背負ってまで、追い越す意味あるんすか?ドライバーさん。だいたい次の赤信号で追いついちゃうし。

まとめ。都会での慣らし運転は深夜が狙い目

と、こんな感じで慣らし運転に難航しているわけですが、深夜もしくは早朝であれば車が少ないので、比較的安全に慣らし運転をすることができます。

慣らし運転の都合上、速い車の流れに乗れなくて困っている人はぜひこの時間を狙ってみてください。

ちなみに私の慣らし運転のやり方ですが、急な動作は避けつつも速く走ったり遅く走ったり、坂道を1速でグーンと登ったり、エンジンブレーキを適度に使ってあげたりと、できるだけバランスの良い運転を心がけています。

エンジンに良いアタリが付けばいいなぁ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA