使い込まれた道具の魅力!すり減ったナイフがかっこよすぎる件



こんにちは!のとむらです。。私はナイフマニアでたくさんのナイフを集めているのですが、ただ集めるだけでなく、使い込んでヴィンテージ化したいという野望があります。

ゴリゴリ使われて傷だらけになり、何度も研がれて良い感じに刃がすり減ったナイフがたまらなく好きだからです。

 

なぜ使い込んだナイフがカッコイイのか?

なぜ使い込まれてボロボロになったナイフをカッコイイと思うのでしょうか?

それはきっと、使い手の頼もしさやタフネスさがナイフを通して伝わってくるからだと思います。

今の時代ってナイフを使う機会なんてそうそうないじゃないですか。

キャンプで使うにしても、良いナイフはちょっとバトニングしたくらいでは刃こぼれ一つしませんからね。

なので、ボロボロになったナイフを見ると、「相当使い込んだんだなぁ」と感動してしまうわけです。

刀身が半分ぐらいまですり減ったナイフの写真を見たことありますが、めっちゃカッコ良かったですね。

ナイフは観賞用になりがち

ナイフあるあるの一つに、新品で買ったナイフが傷付くのが勿体なくて使えないという心理現象がありますよね。

そういった気持ちはよく分かりますし、否定するつもりもありません。

私は買ったナイフは使い込むスタンスですが、それでもたまに「このナイフはやっぱり観賞用にしておきたいな」と迷ってしまうことがあります。

そこで対策として、買う前にそのナイフを実用にするか観賞用にするか決めておくようにしたら、迷いがグッと減りました。

私の使い込んだナイフたち

使い込んだといっても猛者たちに比べたらまだまだですが・・・

それなりに良い味が出てきたナイフたちを紹介して終わりにしましょう。

こちらはバックの「フォールディングハンター110」。

ブレードには数か所の傷、ハンドルの真鍮部分は絶妙に剥げかけ、レザーシースも良い感じにくたびれてきました。

 

こちらはガーバーのキオワ。15年以上前に友人からもらったナイフで、刃がだいぶ丸くなり、動きも渋くなりましたが、まだまだ現役。

しかもこのナイフ、意外と人気が高いんですよね。

当時は今ほどナイフに詳しくなかったけど、選ぶセンスは良かったようです(自画自賛)

 

こちらは冒頭でも出てきた、コールドスチールのSRKブラック。

全体的に安い素材なのですが、ガシガシ使ったら高級感が出てきました(笑)

無茶やったので先端がちょっと折れています。

この勢いで刃が線みたいになるまで使い込みたいですね。

また、良い味が出てきたナイフが増え次第、写真をアップしていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA