使い込まれた道具の魅力!すり減ったナイフがかっこよすぎる件

こんにちは!のとむらです。いきなりですが、使い込まれたナイフってカッコよくないですか?

ゴリゴリ使われて何度も研がれて、良い感じにに刃がすり減ったナイフがたまらなく好きです。

なぜ使い込んだナイフがカッコイイのか?

なぜ使い込まれてボロボロになったナイフをカッコイイと思うのでしょうか?

それはきっと、使い手の頼もしさやタフネスさがナイフを通して伝わってくるからだと思います。

今の時代ってナイフを使う機会なんてそうそうないじゃないですか。

キャンプで使うにしても、良いナイフはちょっとバトニングしたくらいでは刃こぼれ一つしませんからね。なのでボロボロになったナイフを見ると、そうとう使ったんだなぁと感動してしまうわけです。

名前は忘れてしまったのですが、とある冒険家の話によれば、刃物が生活に欠かせない人々が持つナイフは、すぐにボロボロになり刃が半分くらいになってしまうそうです。

刃が半分って、いったいどれだけ使ったらそんなことになるのでしょうか(笑)

ナイフは観賞用になりがち

ナイフマニアあるあるなのですが、せっかく買ったナイフを一度も使わないということがよくあります。

キャンプなどに行く機会がないせいもありますが、値段が高いナイフだともったいなくて使えないのですよね(笑)そんなこんなで実用ナイフとして買ったにも関わらず、気付けば観賞用ナイフになってしまうのです。

これでは亡きラブレス氏も浮かばれませんね。

【ラブレスとは】
ナイフの神様と呼ばれた伝説のナイフ職人。彼が作るナイフは、あまりの完成度の高さゆえに観賞用ナイフとして扱われることが多かったが、彼自身は実用ナイフとしてガシガシ使われることを願っていた。

ナイフはなかなか壊れない

さて、私の手元には一応ボロボロに近づいているナイフが2本あります。


一本はガーバー製フォールディングナイフの「キオワ」。10年以上前のキャンプでバトニングしまくったにも関わらず、いまだピンピンしています。何回か研いだりもしましたが、余裕で原形をとどめていますね。


二本目はモーラナイフ製の「コンパニオンヘビーデューティーMG」。

こちらは研ぎに失敗して刃がガタガタになりました。少なくとも砥石の上を1000往復はしたのですが、余裕で原形をとどめています。

刃が半分にすり減るまでにはまだまだ遠いですね(笑)

ナイフはもしかすると、壊さないように大事に使うよりも、壊れるまで使い倒すほうが難しいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA