ブログは稼げないかもしれないけど書くメリットが3つある

こんにちは!のとむらです。突然ですが、あなたはブログを書いてますか?趣味で書いている方もいれば、稼ぐ目的で書いている方もいるでしょう。

一生懸命アイデアをひねりだして記事を書いても、アクセスが全然ないと、本当に稼げるのかな?って思っちゃいますよね。ブログは続ければ誰でも稼げるのに、ほとんどの人がやめてしまうとの声もありますが、

正直な話、100記事以上書いて、SEO対策をしてるのに一向に収益につながらない人も中にはいると思います。前に全然稼げないと嘆いている人のブログを読んだことがあるんですが、かなり切実でした。

成功している人はほんの一部なのに、その成功した人があたかも簡単にできると言うものだから、みんなそれに乗っかってしまうと。そんなようなことが書かれていました。

ライバルはたくさんいますからね、才能や運も少なからず必要でしょう。ですが、あきらめずに続けることによって、今は無理でも5年後、10年後になにかの形で稼げる可能性はあると思うのですよね。

というわけで今回は、私が思うブログを書くことで得られる3つのメリットについてお話します。

 

 

1:収益を狙える

さきほどブログでは稼げない人もいるとお伝えしましたが、ある程度の記事数を書き、適切な広告を設置して、SEO対策をほどこしておけば、稼ぐための準備は整います。

実際、ここまでやるだけでも大変だと思います。広告だって、グーグルアドセンスやアマゾンアソシエイトなんかは審査に通らないと設置すらできませんからね。

収益を狙える状態にしておくだけでもメリットがあると言えるでしょう。

また、ブログの良いところは、運営資金がほとんどかからないことです。たとえば飲食店を始めようとしたら100万単位の資金が必要になりますし、儲かるかどうかも分かりません。

1年目は繁盛しても、2年目にライバル店が近くにできて、お客さんを全部持ってかれてしまう可能性もあるでしょう。

その点、ブログは有料でも年間15000円ぐらいの経費で済みますし、続ければ続けるほど記事数が増えて、バズったり、検索流入でアクセスが急増するチャンスが増えます。

たとえばブログを始めた3年後に勤めていた会社が倒産したとして、その頃に月5万円の収益が出るほどにブログが成長していたら、ほんのちょっとですが、安心できますよね。しかも月5万ってことは、もっとがんばったら8万・10万ぐらい稼げるかもしれませんし。

ブログはリスクを少なく始められる投資みたいなところがあると思います。

 

2ブログが作品集になる

もしブログを何年続けても1円も稼げなかった場合、めちゃめちゃショックですよね。私も普通に心が折れると思います。

ですが、それまでに書いた記事は作品として残ります。それを作品集にして、ライター職に応募することはできるでしょう。

もしあなたがダイエットに特化したブログを書いていたのなら、ダイエット記事のライターを募集してる企業へのアピールとして使えます。

ブログで稼げなくても、ライターとして稼げる可能性があるのです。悲観する前に、ブログのデータが消えてしまわないようバックアップを取り、加筆修正して記事をブラッシュアップしましょう。

 

3:ブログ経由で仕事につながる可能性がある

ブログを続けてるうちに、あなたのブログを読んだ人から雑誌のコラム記事や、ブログの寄稿記事を依頼される可能性があります。

しかも聞くところによると、クラウドソーシング経由のライティングよりも報酬額が高いことが多いそうです。

もちろん、あやしい話がくることもあるので注意が必要ですが、クラウドソーシングのライティングの相場って1文字0.2円とか、ありえないほど低単価がまかり通ってるので、(実際、私もやりましたが、せいぜい1文字0.5円とか)ブログ経由の仕事はかなり良心的と言えます。

また、ブログで参加者を募って講演を開いたり、ハンドメイドのグッズを販売して稼ぐという方法もありますね。

アクセスを集めて広告をクリックしてもらうことしか、稼ぐ手段がないわけではありません。

 

まとめ

ブログを書けば絶対にお金が稼げるという保証はありませんが、失敗しても失うものは、少しのお金と費やした時間だけです。

ついネットサーフィンをして、時間をムダにしてしまうことがあるのなら、そこをブログを書く時間にあててみてはどうでしょうか?

散りも積もれば山となるですよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA