ファブルの佐藤くん使用ナイフ。ブラックホーク「CQDマーク1」



こんにちは!のとむらです。天才的な戦闘能力を持つ元殺し屋が、日常生活に馴染もうとする漫画「ファブル」。

私は主人公である佐藤明くんの性格が大好きで、全巻読ました。

そして作中で彼が使っているナイフがブラックホークの「マーク1」。

今回は、こちらについてレビューしたいと思います。

 

BLACKHAWK(ブラックホーク)C.Q.D MARK1 TYPE E

アメリカに拠点を置くブラックホーク。

今はナイフの製造はしていないようで、ほとんどが廃盤となっています。

こちらのCQDマーク1は、威圧感がものすごいですね。

私が今まで手にしたフォールディングナイフの中ではダントツで凶悪です。

最初はこのようなカチカチのプラケースに入っていて・・・

別のナイフでこじ開けようとしたら、勢い余って指を刺してしまい、緊急外来治療を受けました(アホですね)

ギラリと輝くエッジ。全体が黒いので、コントラストがはっきりしています。

刃長は約100mmと、フォールディングナイフとしてはやや大きめ。

ブレード形状はドロップポイントなのかスピアポイントなのか判別つきにくいですが、刺突性は高そうな雰囲気。

エッジ形状はホローグラインドの、ハーフセレーション仕様です。

刃厚は約4mmと、これまたフォールディングナイフとしては厚め。

ハンドル材は強化ナイロン。一部ザラザラした箇所があり、滑りにくくなっています。

折り畳んだ状態。刃が見えていなくても恐いですね(笑)

裏側にはポケットクリップ付き。

ブレードの根本にはサムスタッド(親指をかける突起)が付いており、固いですが片手オープンが可能です。

畳むときは側面にあるロック解除スイッチを押しながら行います。

ハンドルの背には誤作動で折り畳まれるのを防ぐロックがあるのですが、ここだけ不良で使えませんでした。ざんねん!

でも、畳んだときに出るカチッという音がカッコイイです。

次にマーク1特有の機能を紹介しましょう。

ハンドルの上部にある鋭利そうな突起物は、ウインドウブレーカー。

車内に閉じ込められた際、窓ガラスを叩き割るのに役立ちます。

エンド部分にあるのはシートベルト・コードカッター。

こちらもシートベルトが何らかのトラブルで外せなくなったときに役立ちます。針金も切れるかもですね。

まず使う機会はないでしょうが、ロマンはあります。

手に持つとこんな感じ。

ブレード以上にハンドルが大きく、シースナイフ並みにしっかりと握れます。

ベンチメイド「グリップティリアン」との対比。

グリップティリアンはフォールディングナイフとして標準的なサイズなので、こうして並べるとCQDマーク1のほうが一回り大きいことが分かりますね。

切れ味

それでは切れ味を見てみましょう。まずはコピー用紙から。

スパッとキレイに切れました。

続いて、わりばしフェザースティック。

こちらも、フワフワに薄く削れます。波刃部分は細い木との噛み合わせが悪く、上手く削れませんでした。

初期の切れ味は95/100点といった感じでしょうか。

ブレード鋼材

CQDマーク1のブレード鋼材は「AUS-8」

日本製のステンレス鋼で、サビに強く、研ぎやすいのが特長。

安価なナイフによく使われていますが、高価なナイフにも使われていたりします。

420HCと比較すると、少し硬いようです(カーボンの含有量で判断)

メリット

・フォールディングナイフとしては頑丈
・ハンドルがしっかり握れるので、力の要る作業がやりやすい
・レスキュー機能が付いている

デメリット

・フォールディングナイフとしては、大きくて重い
・見た目の威圧感が強い

このナイフを買った理由

今回はかなりミーハーな理由というか、ファブルの佐藤くんの大ファンだったからですね(笑)

ちょっとだけネタバレになるんですが、彼はこのナイフでサンマを切り分けて七輪で焼いてたり、ほのぼのした使い方をしています。

切れ味と剛性が高いので、ブッシュクラフトに使っても楽しそうです。

 


LEATHERMAN(レザーマン) マルチツール ナイフ SKELETOOL KBX(スケルツール KBX) 【日本正規品】 25年保証 LTJマーク入 [Coyote(コヨーテ)]

こちらはレザーマンの小型フォールディングナイフ。切れ味が非常に鋭く、軽量コンパクト。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA