ベンチメイドのラスボス級フルタング「アベンシス」とは?



こんにちは!のとむらです。高級感の漂うベンチメイド。

フォールディングナイフのイメージが強いですが、シースナイフもわりとあるんですよね。

こないだ、これはやべぇってナイフを見つけたので紹介したいと思います。

 

BENCHMADE(ベンチメイド)#119 アベンシス

アメリカに拠点をおくベンチメイド。

一般向け、軍用向け、ハンティング向けと、それぞれクラスを分けてナイフを製作しています。

こちらのアベンシスはなんていうか、FF7のクラウドが持っていた剣(バスターソード)を彷彿とさせるデザインですね。

いや、見た目はぜんぜん似てないけど、雰囲気がね。どことなく・・・FF7やりたいなぁ。

サイズはベンチメイドナイフのなかでは最大級となっており、刃長164mm、刃厚5mmのフルタング!

しかも重量は333g。

軍用向けに作られたものだそうですが、軍人さん、こんなもの何に使うんでしょうね?

絶対、戦闘用じゃないですよね。

開かないシャッターをこじあけたり、叩き割ったり系ですよね?

こんなナイフで立てこもり犯をぶった斬ったら、衝撃で隣にいる人質のおじいちゃんまで死にますよ。

冗談はさておき、それぐらいオーバースペックなナイフです。

でも実際、戦闘用じゃないと思いますね。切っ先のカーブがゆるやかなので。戦闘用ナイフってもっと尖ってるんですよ。

ちなみに半波刃モデルもあります。

バトニングに超絶有利?

刃長が長いと叩ける範囲が広くなるので、バトニングに有利です。

あとは刃厚が厚いと割る力が増します。

私が持っているベア・グリルスアルティメットナイフは刃長が約120mmなんですが、バトニングしたときに余裕があったので、164mmのアベンシスならかなり余裕を感じるでしょうね。

また、ダブルヒルトが付いており、手首の保護に役立ちます。

ブレード鋼材

アベンシスのブレード鋼材は「154CM」

イェーイ、高級鋼材ですよこれは(持ってないけど)

メリットは熱に強く、錆びにくく、切れ味が長持ちすることです。

デメリットは硬いがゆえに研ぎにくいこと。

初心者向きではないですね。

ハンドル材

ハンドル材は「G10」

見た目はプラスチックっぽいですが、ガラス繊維をエポキシ樹脂で固めてギュッと圧縮したもので、強度が高いです。

ハンドル材としては高級な部類に入ります。

シース

シースについては明記されていませんが、おそらくカイデックスシースかと。

カイデックスは軽くて強度があり、水濡れに強いのがメリットです。

ラフに扱えそうですね。

まとめ

ベンチメイドのアベンシスは、ヘビーデューティーな使用を想定しているだけあって、強度をかなり意識している印象を受けました。

パッと見た感じ、脆弱性が見当たりません(笑)

まるで現代版ボウイナイフです。

 


BENCHMADE(ベンチメイド) #119 ARVENSIS アベンシス/シルバー直刃【日本正規品】 [並行輸入品]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA