実年齢より10歳若く見られる私が実践してるエイジングケア生活習慣

こんにちは!のとむらです。いきなり自慢かよって感じですが、私は実年齢より若く見られることが多く、32歳にしてよく大学生に間違われます。

「それって単純に大人の品格がないだけなのでは?」と思う方もいるでしょう。たしかにそれもありますが(泣)しかし、日頃の生活習慣が影響している部分もあるように感じるのですよね。

そこで今回は、エイジングケアに関心がある方に向けて、私が実践している生活習慣をお伝えしたいと思います。

とくに医学的根拠のない話ですので、参考程度に聞き流してやってください。

 

 

体を消耗品と考える

これは生活習慣というより意識していることですが、私は自分の体を使用回数制限付きの消耗品だと思っています。

視力、筋肉、消化機能など、体が持つすべての機能は使い過ぎれば壊れてしまうという考え方です。

そのため、私はできるだけ自分の体を酷使しないように努めています。

いかに無駄撃ちしないか。これが一番のアンチエイジングなのではないでしょうか。

 

働きすぎない

私はなるべく残業が少ない仕事をするようにしています。

たくさん働けばそのぶんお金ももらえますが、その喜び以上に疲労とストレスのほうが大きいのですよね。

お金があっても使う暇がなければ意味なし!そういう考えでほどほどに働いています。

 

ほどほどにストレスを受ける

人はまったくストレスがなくなったら、どうなると思いますか?

私はおそらく、脳が働かなくなったり、生命維持機能が弱まって、老化が進むと思います。

もし働かなくても生活できるほどの大金が入ったとしても、少しは働いたり何かをガマンしたりして、ほどほどにストレスを受ける生活を送るつもりです。

 

できるだけ紫外線を浴びない

紫外線を浴びると肌のシワ・シミの原因となり、老化につながります。

また、目へのダメージも深刻。紫外線により白目が濁ると、肌がどんなにキレイだとしても台無しです。

そのため私は、紫外線の強い日中はなるべく家の中でできる用事を済ませ、夕方以降に出かけるようにしています。

 

予定を詰め込みすぎない

休日に遊ぶ予定がびっしり埋まっているのは良いものです。充実感があります。

しかし、遊びに行くにもエネルギーは必要なので、あまりに予定が詰まっていると、それが義務のように感じてストレスです。体もなかなか休まりません。

私は休日に遊びの予定を入れるときは、なるべく朝か夜のどっちかだけにして、完全にフリーな時間を作るようにしています。

 

卵を食べる

完全栄養食と言われている卵には、お肌を作るうえで欠かせない良質なタンパク質がたっぷり。

レシチンやコラーゲンなど、老化防止に効果が期待できる成分も含まれているようです。

私は卵が好きで一日に2〜3個食べます。

卵はコレステロールが高いから一日1個までという話がありますが、卵のコレステロールは善玉なので、医師に止められている人でないかぎりは、3個ぐらいなら大丈夫らしいのですよ。

さらに日本人はタンパク質が不足しがち。食べられるなら食べたほうが良いです。

私が年齢のわりに肌に弾力があるのは、卵のおかげではないかと思っています。

 

トマトジュースを飲む

個人的に、トマトジュースは最強のアンチエイジング食品なのではないかと思っています。

ビタミンCがお肌に良い、リコピンが体内の活性酸素を除去してくれる、それでいて価格が安い。

私はトマトジュースを1ヶ月ほど飲み続けた結果、茶色いシミが淡いピンク色になるまで薄くなりました。

一度に大量に飲むよりも、こまめに飲んだほうがよりいっそう効果が期待できるとのことです。

 

内臓に負担をかけない

私は胃が弱く、すぐに消化不良を起こします。

若い頃はそれでも無茶してたくさん食べていましたが、最近では腹六分目を心掛けるようになりました。

また、消化を良くするためによく噛み、できるだけ油っこいものは避けています。

内臓をいたわることが老化防止につながるかは分かりませんが、内臓をいたわろうとすると、自ずと体に悪いものを食べなくなるので、なんらかの効果は出ていると感じています。

 

嫌なことからはすぐ逃げる

私は嫌なことからすぐ逃げます。やりたくない仕事もすぐ辞めます。

なぜそんな生き方をしているのかというと、嫌なことに向き合ってもメリットがないことに気付いたからです。

私は若い頃、辛いことを耐え抜いた先には明るい未来が待っていると思っていました。が、それは間違いでした。

辛いことに立ち向かえば向かうほど心のダメージが蓄積されていくのですよね。心のダメージは肉体へのダメージにもつながり、結果として老化が進む気がします。

嫌なことからはさっさと逃げて、好きなことを見つけたほうが健康でいられるし、そっちのほうが人を幸せにできるのではないでしょうか。

 

適度に筋トレをする

筋トレをすると「成長ホルモン」が分泌され、若返り効果が期待できると言われています。

成長ホルモンは筋トレによって受けた筋肉へのダメージを修復するために分泌されるのですが、ついでに肌や髪のダメージまで修復してくれるらしいのです。

しかし一方で、筋トレは細胞を錆びつかせる活性酸素を生み出すので老けるという説もあります。

これってどっちが正しいのでしょうね?私の考えとしては、「筋トレのしすぎは老化を早める」です。

活性酸素以前に、筋トレってそもそもストレスをかける行為なので、やりすぎは老化につながると考えています。

ジムで週に一回、負荷10RMのマシントレーニングを2〜3セットもやれば、じゅうぶん筋肉は付きますよ。

 

まとめ

私がふだんの生活で意識していることはこんな感じです。

アンチエイジングのために頑張りすぎると疲れてしまうので、簡単なところからトライしてみてください。

何事もほどほどに取り組むことが、若さの秘訣である気がします。

卵とトマトジュースは比較的かんたんに始められるのでおすすめですよー。

 


伊藤園 理想のトマト(紙パック) 200ml×72本(24個×3ケース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA